高齢者向け施設の求人

スポーツインストラクター求人TOP >> 勤務先別で探す >> 高齢者向け施設の求人

高齢者向け施設の求人

健康志向の上昇、生活習慣病の流行、高齢化社会の到来などに伴い、高齢者の指導に特化したスポーツインストラクターの需要が増えつつあります。体が衰えており、怪我や病気を抱えていることも多い高齢者の指導には運動力学、生理学、解剖学、リハビリテーション学などの豊富な専門知識が必須です。また、運動中に倒れる機会も多くなるため、応急処置のスキルも必要になります。苦労も多いですが、社会貢献度は高く、やりがいの大きい仕事と言えるでしょう。また、スポーツインストラクターの現役期間は20代から30代までとされていますが、高齢者を対象としたスポーツインストラクターは40代以降も働き続けている方が多いです。

高齢者向けのスポーツインストラクターの勤務先としては、整形外科やリハビリテーション科などの診療科目を有する病院、リハビリ施設などが挙げられます。また、介護施設や福祉施設には専属のスポーツインストラクターの求人募集を行っているところもあります。接骨院や整骨院にスポーツインストラクターが勤務するケースもあるようです。また、市町村などの各自治体では周辺地域の高齢者を対象として、健康教室や介護予防教室を定期的に実施しており、そちらを運営する人材を募っている場合もあります。その他、市町村が有する体育館や公共施設などの利用者は幼児から高齢者まで幅広いですが、割合としては高齢者の数値が極めて高くなる傾向にあるため、求人募集においては高齢者の指導に特化したスポーツインストラクターが優遇されます。

高齢者の指導に特化したスポーツインストラクターの資格は内閣府公認の公益財団法人、体力つくり指導協会公認の高齢者体力つくり支援士などが代表的です。実際の指導に活かすことができるコミュニケーションテクニック、介護予防のための筋肉づくり、ティーチングスキルなどを学び、資格取得を目指します。応募条件は特に設定されておらず、誰でも申込可能です。高齢者体力つくり支援士は将来的にスポーツインストラクターの他、介護士として活躍する方も多く見られます。

その他、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会のNESTAではシニアフィットネストレーナーの資格制度を設けています。シニアフィットネストレーナーはストレッチやバランストレーニング、コーディネーショントレーニングなどを組み合わせたプログラムの作り方を学び、中高齢者の快適な暮らしのサポートを目指すものです。

スポーツインストラクターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントは業界No.1の人材紹介サイトで、30万件にも及ぶ転職実績があります
プロフェッショナルなアドバイザーが在籍しているため、異業種からの転職でも安心です。
・スポーツインストラクターは様々な勤務先がありますが、適性に合った求人を紹介してもらえます



Copyright (C) 2015 スポーツインストラクターの求人特集 All Rights Reserved.