病院・整形外科・リハビリ施設の求人

スポーツインストラクター求人TOP >> 勤務先別で探す >> 病院・整形外科・リハビリ施設の求人

病院・整形外科・リハビリ施設の求人

スポーツインストラクターの中には整形外科やリハビリテーション科を有する病院で働いている方もいます。運動機能の衰えを防ぐための指導、運動機能の回復を目指すための指導が主な業務です。高齢者、要介護者、障害者などが対象となり、それぞれの利用者の病気、怪我、体調に応じて適切な運動プログラムを作成しなければなりません。そのため、医療機関で働くスポーツインストラクターは業務遂行において高い専門知識が必要となります。求人募集ではフィットネスクラブやスポーツジムでの実務経験、スポーツインストラクターの資格が必須になる場合が多いです。

病院で働くスポーツインストラクターの資格としては健康運動指導士と健康運動実践指導士が代表的です。これらは厚生労働省所管の公益財団法人、健康・体力づくり事業財団による資格制度であり、有資格者は病院、保健所、福祉施設、介護施設などの他、一般のフィットネスクラブやスポーツジムで働いている方も多いです。あらゆる求人募集に有効に働くため、スポーツインストラクターならば優先して持っておきたい資格の一つと言えるでしょう。

健康運動指導士は医療機関や保健機関と連携を取りつつ、対象者の心身の状態に合わせて適切な運動プログラムを作成できると認められた方に与えられる資格です。肥満をはじめとする生活習慣病予防とその実践のための運動指導、高齢者の体力の衰えを防ぐための運動指導、食育指導などを行っていきます。健康運動指導士はスポーツインストラクターの他、スポーツ栄養などの分野でも活躍することが可能です。

資格取得に当たってはまず、健康・体力づくり事業財団が実施している健康運動指導士養成講習会を実施するか、同財団の認定を受けている大学などで運動生理学、栄養学、糖尿病に関する講義内容となっている養成講座を受講する必要があります。それらの修了後、認定試験に合格した方は健康運動指導士台帳に登録され、健康運動指導士を名乗ることができるようになります。健康運動指導士の登録者数は全国合計で約1万7000人です。

健康運動実践指導者は健康運動プログラムに基き、健康づくりのための運動を実際に指導できる資格です。応募には上述したような養成講座を受講していることに含めて、3年以上の実務経験、及び、9日間の講習会の受講が必須条件となります。健康運動実践指導者は全国合計で約2万人が登録されており、フィットネスクラブやスポーツジムで働いている方が多いですが、病院や介護施設や福祉施設で活躍している方も多数見られます。

スポーツインストラクターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントは業界No.1の人材紹介サイトで、30万件にも及ぶ転職実績があります
プロフェッショナルなアドバイザーが在籍しているため、異業種からの転職でも安心です。
・スポーツインストラクターは様々な勤務先がありますが、適性に合った求人を紹介してもらえます



Copyright (C) 2015 スポーツインストラクターの求人特集 All Rights Reserved.