介護・福祉施設の求人

スポーツインストラクター求人TOP >> 勤務先別で探す >> 介護・福祉施設の求人

介護・福祉施設の求人

近い将来、日本は超高齢化社会を迎えるとされており、健康系の資格を持っているスポーツインストラクターの需要が高まるとされています。健康系のスポーツインストラクターは整形外科やリハビリテーション科などの診療科目を持つ病院の他、介護施設や福祉施設で働いている方も多いです。主な働き方としては、こうした施設にスポーツインストラクターとして就職するか、スポーツインストラクターを各施設に派遣している会社に就職するかといった2つのパターンがあります。また、フィットネスクラブやスポーツクラブにも高齢者を対象としたコースを設けているところが増えてきています。スポーツインストラクターは健康系の資格を持っていると就職や転職に有利です。

スポーツインストラクターの健康系の資格として代表的なものが、厚生労働省所管の公益財団法人である健康・体力づくり事業財団の認定資格、健康運動指導士と健康運動実践指導士です。健康運動指導士とは健康の維持、介護の予防、身体機能の改善などを目的とした運動プログラムを作成する能力を持っていると認められた方、健康運動実践指導士はその運動プログラムの対象者に対して実際に指導する能力を持っていると認められた方に与えられる資格です。

全国合計で健康運動指導士は約1万7000人、健康運動実践指導士は約2万人が登録されており、フィットネスクラブやスポーツジムなどの他、医療機関、介護施設、福祉施設など、さまざまな環境で活躍しています。どちらも難易度はそれほど高くはないため、スポーツインストラクターとして長く働きたいと考えている方は持っておきたい資格の一つと言えるでしょう。また、健康運動指導士と健康運動実践指導士には食育指導の要素も含まれており、将来的にスポーツ栄養などの分野で活躍することも可能です。

介護施設や福祉施設におけるスポーツインストラクターの仕事は作業療法と理学療法との関連性が非常に高いため、これらの資格を持っていると選考に非常に有利になります。また、スポーツインストラクターとしての実務経験を積みながら、作業療法士や理学療法士を目指している方も多いです。健康系のスポーツインストラクターは中高齢者を相手にすることになるため、20代から30代が現役期間とされる一般のスポーツインストラクターよりも長く働き続けることができます。しかし、専門性の高い医療関係の資格を取得しておくと将来的に役に立つ場面があるかも知れません。

スポーツインストラクターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントは業界No.1の人材紹介サイトで、30万件にも及ぶ転職実績があります
プロフェッショナルなアドバイザーが在籍しているため、異業種からの転職でも安心です。
・スポーツインストラクターは様々な勤務先がありますが、適性に合った求人を紹介してもらえます



Copyright (C) 2015 スポーツインストラクターの求人特集 All Rights Reserved.