正社員のスポーツインストラクターの求人

スポーツインストラクター求人TOP >> 条件別で探す >> 正社員のスポーツインストラクターの求人

正社員のスポーツインストラクターの求人

スポーツインストラクターには正社員、契約社員、アルバイトなど、さまざまな働き方があります。業務遂行には専門知識が必要となりますが、資格不問で求人募集を募っているところは多く、アルバイトとして働いている方も多く見られます。アルバイトから契約社員、契約社員から正社員といったキャリアアップはスポーツインストラクターには一般的です。スポーツインストラクターに興味があるものの、正社員として働く自信がないという方はまずアルバイトから始めてみるのもいいでしょう。特にスポーツインストラクターの求人募集は都市部を中心として常に行われているため、働き口がなくて困るということはそれほどありません。

フィットネスクラブやスポーツジムの規模により、スポーツインストラクターの給与は大きく変わってきます。正社員の場合、初任給は17万円から20万円程度、年収は200万円から300万円程度となっています。同年代の平均収入に比べるとやや低目の数値です。しかし、スポーツインストラクターには財団法人健康・体力づくり事業財団の健康運動指導士、日本ストレングス&コンディショニング協会のNSCA認定パーソナルトレーナー、日本体育協会認定のスポーツプログラマーなど、さまざま資格制度が実施されているので、これらの資格を取得すると手当がついて給与がアップする場合があります。

フィットネスクラブやスポーツジムの雇われスポーツインストラクターとして働くことができるのは30代くらいまでとされています。退職後はフリーで複数の施設を股にかけて活動したり、独立してスポーツ教室などを開設したりする方が多いです。30代以降も施設に所属して働き続けるという場合、事務職や管理職になったり、スポーツインストラクターを統括するマネージャーになったりする道が一般的となっています。店舗運営やマネジメントを担当するようになると、スポーツインストラクターとして利用者に指導をする機会は激減しますが、給与の上がり幅は大きくなります。

自治体の保健所、健康センター、福祉施設、介護施設など、中高年を対象としたスポーツインストラクターは40代以降でも現役で活躍している方が多いです。スポーツインストラクターとして長く働き続けたいという方はそちらの求人募集をチェックしてみるのもいいでしょう。なお、自治体関係の施設でスポーツインストラクターの求人募集は上述したような資格の保有者に限定しているものが多いです。

スポーツインストラクターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントは業界No.1の人材紹介サイトで、30万件にも及ぶ転職実績があります
プロフェッショナルなアドバイザーが在籍しているため、異業種からの転職でも安心です。
・スポーツインストラクターは様々な勤務先がありますが、適性に合った求人を紹介してもらえます



Copyright (C) 2015 スポーツインストラクターの求人特集 All Rights Reserved.