スポーツインストラクターになるには

スポーツインストラクター求人TOP >> ここは押さえよう >> スポーツインストラクターになるには

スポーツインストラクターになるには

スポーツインストラクターは体育系や健康系の専門大学や大学で学んでから目指すのが一般的なルートであり、一番の近道です。また、専門大学や大学にはスポーツインストラクターの育成に特化したスポーツインストラクター科を設置しているところもあります。スポーツインストラクター科ではスイミング、ヨガ、エアロビクス、ピラティス、ダンスなども一通り勉強するため、幅広い分野の専門知識を身に着けることが可能です。また、興味のある分野があれば、その分野に特化した学び方もできます。その他、スポーツインストラクター科では現役スポーツインストラクターによる講習会、フィットネスクラブやスポーツジムでの実地研修、利用者との接客や指導を想定したプログラムも用意されており、スポーツインストラクターの業務内容により根ざした勉強ができます。

また、高校や大学でのスポーツ経験者がスポーツインストラクターになるケースも多いです。スポーツ大会で活躍した実績、後進の指導をしてきた経験などをアピールすれば選考に有利になります。その他、スポーツ教室の生徒がスポーツインストラクターになり、指導される側から指導する側になるというケースもあります。

スポーツインストラクターには日本体育協会認定資格をはじめとして、さまざまな資格制度があります。こうした資格を持っておくとスポーツインストラクターの選考には非常に有利です。しかし、スポーツインストラクターの求人応募では資格が必須というわけではなく、フィットネスクラブやスポーツジムは学歴や資格よりもスポーツ経験や人柄が重視される傾向にあります。スポーツインストラクターは業務遂行において必ず専門知識が必要になる職種であり、中途半端な知識で利用者に指導を行うと怪我を招く可能性があります。しかし、学校に通っていたり、資格を持っていなかったりしても、就業後に実務経験を積みながら勉強するといった方法を選択することも可能です。また、スポーツインストラクターには正社員の他、契約社員やアルバイトなど、さまざまな就業形態があります。契約社員やアルバイトとしての就業後、正社員として採用される方も多いです。

スポーツインストラクターにはフィットネスクラブやスポーツジムの専属として働いている方もいれば、複数の施設を契約してフリーで働いている方もいます。スイミングやヨガなどの専門種目を持ち、指導力と集客力があれば高収入を目指すことも可能です。

スポーツインストラクターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントは業界No.1の人材紹介サイトで、30万件にも及ぶ転職実績があります
プロフェッショナルなアドバイザーが在籍しているため、異業種からの転職でも安心です。
・スポーツインストラクターは様々な勤務先がありますが、適性に合った求人を紹介してもらえます



Copyright (C) 2015 スポーツインストラクターの求人特集 All Rights Reserved.