スポーツインストラクターの転職に有利な資格

スポーツインストラクター求人TOP >> ここは押さえよう >> スポーツインストラクターの転職に有利な資格

スポーツインストラクターの転職に有利な資格

スポーツインストラクターは専門性の高い仕事であり、専門学校に通ってからフィットネスクラブやスポーツジムへの就職を目指すのが一般的です。専門学校の中には資格取得を推奨しているところも多いです。スポーツインストラクターとして働くために資格は必ず必要というわけではありませんが、資格を持っていると就職や転職の際には少なからず有利になります。

スポーツインストラクターの代表的な資格の1つが日本体育協会によるスポーツ指導者認定資格です。スポーツ指導者認定資格とは、スポーツの普及と競技力の向上のため、スポーツを安全かつ楽しく指導する能力があると認められた方に与えられる資格です。スポーツリーダー、フィットネストレーナー、アシスタントマネージャー、ジュニアスポーツ指導員など、その他にもさまざまなコースが用意されており、受験資格や合格条件はそれぞれ異なります。

財団法人健康・体力づくり事業財団の認定資格、健康運動指導士は生活習慣病の予防などを目的としたプログラムを作成し、トレーニングを実施し、対象者の健康増進に貢献する能力があると認められた方に与えられる資格です。体育系大学の卒業生や卒業見込み者は講習会を受講し、試験に合格した場合に健康運動指導士として登録することができるため、体育系大学の出身者にはこちらの資格所持者が多く見られます。健康運動指導士にはフィットネスクラブやスポーツジムの他、病院や接骨院や整骨院などの医療機関、介護施設、福祉施設などで重宝される人材です。

日本ストレングス&コンディショニング協会はNSCA認定パーソナルトレーナーという資格制度を設けています。NSCA認定パーソナルトレーナーとは、年齢、性別、経験を問わず、利用者一人一人のニーズに合わせて適切なトレーニング指導を行う能力があると認められた方に与えられる資格です。NSCA認定パーソナルトレーナーにはプロのアスリートの専属トレーナーとして働いている方も多く見られます。

その他、日本体育協会、日本水泳協会、日本スイミングクラブ協会の合同による公認水泳教師資格、日本フィットネス協会のエアロビックダンスエクササイズインストラクター、日本フィットネス協会のアクアダンスエクササイズなど、専門種目に関する資格は多岐に渡ります。なお、専門種目のスポーツインストラクターを目指す場合、専門種目の協会などが全国各地で養成講座を開催しているので、そちらを受講することで専門知識を身に付けることができます。

スポーツインストラクターの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
・リクルートエージェントは業界No.1の人材紹介サイトで、30万件にも及ぶ転職実績があります
プロフェッショナルなアドバイザーが在籍しているため、異業種からの転職でも安心です。
・スポーツインストラクターは様々な勤務先がありますが、適性に合った求人を紹介してもらえます



Copyright (C) 2015 スポーツインストラクターの求人特集 All Rights Reserved.